HOPE建築工房

住宅・店舗

×

HOPEごろく

セオリーは無いがプロの常識はある。
部屋には必要最小限の大きさがある(狭さは最大の後悔)
取外し可能な間仕切りを増やす
物を出すのに時間がかかる収納はできるだけ造らない
通気性があっても断熱性は変わらない

耐震設計は柔軟性も大事

阪神大震災や東北の大震災と建物を破壊してしまう恐ろしい地震ですが、やはり壊れている建物は耐震強度を考えていないころの建物が多いです。住宅でも大きな建築物でも免振構造とか静振構造が使われるようになりましたがまだ高価なシステムです。

地盤と基礎がしっかりしていれば必要以上に強い建物を造るよりは窓の採光や通風を考え、外壁部内壁部の強さのバランスを考慮して耐力壁を配置し、強さと柔軟さを兼ね備えることが大事です。(性能表示等級1)

内装は変えられるが構造は変えられない

もちろん私が現在お世話になったお客様の新築や大改修の家は省エネ住宅に変身しています。ここで気をつけなくていけないことは、高断熱高気密住宅では無く、高断熱高気密通気住宅にすることです。人が寒い時雨ガッパを着ると風が止まって暖かくなります。しかし時間が経つにつれて中では汗をかきカッパを脱ぎたくなってしまいます。すると濡れた体は不快感と共にさらに寒くなってしまいます。家も同じことが言えます。高気密の家の中で、人やお風呂やキッチン、洗濯物から水分が家の中に出てくると、カッパを着た状態と同じことが起きています。24時間換気扇が義務付けられているので、湿度は外に出て行きますが、冷暖房も外に出て行きます。

希望がかなって家(かたち)になった!

やはり、機械に頼るのではなく家に使う素材自体(木材、外面材、断熱材、内装材)が通気性のあるもので、呼吸できるということがとても大事です。人が通気性のある服を重ね着することと同じです。そこにお客様の希望を取り込み、希望がかなって家(かたち)となり、頼んで良かった!建てて良かった!という家造りを目指しています。

大改造、増改築

一言に増改築と言ってもいろんなケースがあります。できることもあればできないこともあります。費用を掛ければできないことは無いですが、そこまでするか?皆さん悩むところです。その辺ももちろん見積もりを出して費用対効果を一緒に検討していきましょう。

新築工事より増改築工事の方が建物のことを知っている人でないと上手く出来ない工事です。外見だけではなくて見えない部分を知っていることがとても大事です。近年いろんな会社さんがリフォーム工事を手掛けるようになりましたが、雨漏れが大変問題になっています。そこには建物の成り立ちを知る人が少ないからです。やはりいろんなことを経験して熟知している人が安心だと思います。また信州型リフォーム助成金制度も活用できます

断熱改修(床、壁、天井、窓の断熱強化)

昭和の時代や平成の初期に建てられた住宅は、冬は寒い!ということが当たり前でした。そこにはプロなのに気がつかない大きな欠点がありました。湿度の高い気候での日本の家造りは、昔から構造体の中の通風を重視してきました。しかしそのことが冬は寒い!ということに繋がってしまいました。

この欠点を改修し断熱強化をしていけば暖かい家に変身します。ただし、高断熱高気密住宅では無く、高断熱高気密通気住宅にすることがとても大事です。増改築や大改造と合せて断熱改修することもできますし、部屋の床、壁、天井、窓のリフォームの際に合せてできます。国の政策ではCO2の排出を減らすために省エネルギー住宅への改修を勧めています。信州型リフォーム助成金制度も活用できますし、既存住宅・建築物における高性能建材導入促進事業で補助金を受けられます。改修のポイントや助成金の詳しくは、お問い合わせ頂いたときに御説明いたします。

住宅

私がこの業界に入ったころは、『2間の和室は良い材料を使っている。屋根は銅板に瓦だ。床の間や床柱が凄い!といったところにお施主様も業者も目がいきがちでした。その後、造り付け収納や間取りに細かい寸法を駆使して便利さに目を向けるように設計が変わってきました。そして冷暖房や設備機器など実用的な部分を優先し外観も様々なデザインで個性を強調した物に変わってきました。さらに高気密高断熱省エネルギーで暮らせる家造りと大きく変化しています。

新築住宅S様邸完成写真

S様邸の内部完成写真です。

新築住宅 S様邸

 以前からお付き合いのあったお客様で「子供が一緒に住むって言い出したので相談にのってもらいたんだけど」というお話を頂きプランニングを始めました。道路後退もあり月日が必要でしたが、無事進み工事が順調に進みました。
建て替えのポイントは、2世帯住宅で希望をかなえることはもちろんですが、省エネ住宅!のスマートハウスです。
オール電化で直ぐ横の離れに太陽光発電6.25KWを乗せました。
1月の電気代は売り買い差額で8,000円弱です。暖房機は三菱のズバ暖を1階リビングと2階リビングに1台ずつ取り付ました。その他の部屋は『暖房が無くても寒くない』とのお話です。
通気性の素材を使うことで室内の匂いも無く、高気密高断熱通気住宅になっています。

SHOIT様邸屋根改修工事 2018

築27年のお客様ですが、屋根のメンテナンスをしないで来てしまい、ガルバ鋼板でカバーすることにしました。
北側に林がありアウトドアには良いのですが、屋根に落ち葉が積もり屋根や軒樋を痛めてしまいます。
更に、雪が多い地域なので雪止めが必要ですが、落ち葉も掛かり掃除が大変です。
木を切ることも考えていますが大きくなっているので、伐採も家を壊さないように倒すには、大変な作業になってしまいました。

大改造 H様邸

昭和58年完成のお住まいを若夫婦が一緒に住むことになり、2世帯住宅のオール電化スマートハウスに大改造しました。
土壁仕様で寒くて大きな石油暖房機を使い灯油をたくさん使っていたので、『とにかく暖かい家にしてくれ!』と言われ、在来工法の家の欠点を解消し、断熱の強化を床下、外壁内、天井裏、開口部と全て改修しました。
新築の2世帯住宅よりは費用が少なくて済むことと、2階に住む若夫婦の奥さんにプランを気にいって頂き話が進展しました。

YUMA様邸屋根改修工事 2018

軒樋から溢れる雨が凄くて駐車場が水で歩けないので困ると!言われて見に行きました。
近くの神社の欅の木の葉が軒樋に舞い込み穴を塞げていました。
以前もお掃除をしたことがあるのですが、近年依頼されなかったので行きませんでした。
屋根に登り、樋の中を掃除して排水を良くして、屋根全般の点検をしていたら、東側の屋根に穴を見つけました。
雨漏りはしていない状態ですが、放置すれば酷くなるので修理をお勧めしました。
原因は落ち葉と鳥の糞ではないかという感じです。

SHUD様邸リビング改修工事 2018

耐震強度が弱いと判定されているお客様で、耐震改修をするか迷っていて、結局はリビングを暖かく改修する工事のみを選択されました。
その際、補強できる壁は補強することになりました。
完成後、『寒いから嫌だ!』と言っていたお孫さんが、床に寝転んで遊ぶようになったと驚いていました。
子供は正直です!

YS様邸外部改修工事 2018

千葉から越されたお客様で、2016.2017.2018とご依頼を頂きました。
今年は、外部の修繕です。外壁はリフォームの時に済んでいるので、屋根と軒裏と樋関係です。
屋根は全て塗装で対応できました。
軒裏の駄目な部分の交換と、鼻隠し破風板のガルバ包、軒樋交換です。
太陽光発電は乗せたいと希望がありましたが、屋根の補強に費用が掛かるので
売電価格が下がっているので止めました。

KS様門柱と土間コンクリート工事 2018

車の乗り入れが狭くて不都合なので、庭を削って入り口を広くしました。
以前から分かってはいたのですが、今回やることになりました。

SY様邸門柱の改修工事 2018

大阪の通学路のブロック塀の転倒を受けて通学路の塀の改修です。
長野市が見回り調査をして、無筋ブロック塀の高さが道路面又は地盤面から1,000mm
を超えている塀の改修を促す書類を投函していき、お客様が心配になり改修の依頼を請けました。
長野市の建築指導課で話を確認して、1,000mmを越えなければ良いとのことで、全て解体するのでなく、上を撤去して天然石の石の笠を乗せることにしました。

TO様邸屋根改修工事 2018

セキスイのU瓦をのせたお客様が、屋根の劣化に困り、吹き替える決断をしました。
割れて酷いことになっているのですが、雨漏れが酷くならないうちに、吹き替えることになりました。
太陽光発電や太陽熱温水器が乗っているので工事費が嵩んでしまいますが、
漏らないほうが不思議な屋根です。

MA様邸外部改修工事 2018

16年程前に新築されたお客様の外部の改修工事です。
タイル調の外壁はクリアー塗装で生地を生かし、その他は依然と同じ色で仕上げました。
屋根はグリーン系から茶系に変えました。
その他水道の保温や、物置の傾きの直しを合わせて行いました。

MH様寒い家の改修工事 2018

娘さんがお孫さんを連れて来ても『寒くて泊まれない。』と言われてしまうので、暖かい部屋を1部屋欲しいという事で、御依頼を頂きました。
部屋に出ている家具は、北側の部屋に収納するように納戸6畳と、畳の部屋7.5帖にしました。
築150年程の家なので無理もないですが、部屋に断熱材をしっかり入れて、断熱サッシに入れ替えることにしました。
建物の狂いは直しきれないので、可能な範囲で直し改修しました。

YM様邸リビング改修工事 2016

こたつの生活が大変になる前に、椅子の生活に変えたいとご連絡を頂き、お話を伺いに行きました。
『予算は200万円で床暖房がある洋間に、建具もすべて新しくしてもらいたい』
というお話でした。いろんな設備が全て部屋にあり、廊下やキッチンと段差があるので
バリアフリーにした方が良いでしょう!とお勧めしました。
毎日の生活があるので、いろんな設備は仮配線をして使えるようにし、最後に復旧することにしました。
工事費用も嵩んでしまいましたが、ご了解して頂き工事に入りました。

RS様邸外部改修工事2017

築28年のお客様です。
外部のメンテナンスをしたことが無く、いよいよ手入れが必要となり、
ご依頼を頂きました。
今回は、駐車場のアスファルト舗装をして、足元を綺麗にしたい!というお考えもあり、
合わせて工事しました。

HK様邸物置増築工事2017

毎年何かとお世話になっているお客様です。
今回はプレハブの物置の屋根が落雪でつぶれていて、数年使ってきたのですが
雨漏れが酷くなり、しっかりとした建物として物置を造りたいとご依頼を頂きました。
また、母家との隙間に雪が溜まり、使い辛いので隙間を無くしたいというお話でした。

SI様邸屋根改修工事2017

昭和初期の建物で、瓦屋根が割れて雨漏れがしていましたが、応急処置で済ませてきました。
今回、建物は使い続けたい! という思いから屋根の修理をすることになりました。
瓦は剥がして処分して、ガルバ鋼板で葺き替えます。
古い建物で耐震的には弱いので、屋根を軽くすることをお勧めしました。

HK様邸外部改修工事2017

築23年のお客様です。
3年ほど前から外壁の塗り替えのお話がありましたが、今回施工することになりました。

HK様邸外部改修工事2017

築33年のお客様です。
以前は甥っ子の方が塗り替えをされていたそうですが、2階屋根からの
雨漏れがあり、今回調査と合わせて修繕をご依頼して頂きました。

KS様邸外壁コーキング工事2017

築12年のお客様ですが、外壁の塗装はまだまだ大丈夫でしたが、外壁材の継ぎ目の
コーキングが酷く離れていて手当てが必要なので、コーキングの打ち替えだけの工事に
なりました。

TS様邸屋根改修工事2017

築20年のお客様ですが、屋根のスレート材の表面が劣化して塗装が剥げて
来ていて、塗り替えは長持ちしないので重ね葺きをお勧めしました。

MS様仏間新設工事2017

奥さんが亡くなってしまったことをきっかけに仏間を造りたいというお話を頂き
床の間を無くし、仏間と仏具の収納を造りました。

KU様邸外部改修工事2017

 10年前に外壁を塗り替えたお客様ですが、バルコニーの手摺壁の外壁材が
剝れ上がってきていることと、外壁コーナー材の出隅が割れて、
塗装では修理をしても長持ちしないと判断し、貼替えることにしました。
また、バルコニーの柱型と手摺壁の納まりがとても複雑で、雪の降る寒冷地の
建物としては不向きだと感じていたので、形をスッキリさせることもお勧めしました。
バルコニー以外の外壁は再度塗装で仕上げることにしました。
 屋根はスレート材が剥離して表面が劣化していることや、何十か所もヒビが
入っていることが確認できたので、建物総合保険の雪害の対象になるので、
屋根の葺き替えを提案をして、保険会社に見積もりや写真や、保険会社の
必要書類を提出しました。
結果、見積金額の7割弱の金額が認められました。
 またスレート材鼻隠しをガルバ鋼板で包み樋も交換しました。

Mビル301号室改修工事2017

昭和57年完成のビルですが、301号室は改修が一度もされないまま使用されてきました。
今回、家族で使うことになり改修することになりました。
全面改修は費用も嵩むので、床と壁、収納関係の改修となりました。
部屋は南1室、西面1室、東面1室の合計3部屋あります。

KY様邸外部改修工事 2016

2年前から外壁屋根の改修のお話があり検討されていましたが、今回私にご依頼を頂きました。
外壁はコーキング打ち替えと塗り替え、付随する軒裏や化粧桁等も塗り替えました。
屋根は塗り替えても長持ちしないので、ガルバ鋼板の重ね葺きをお勧めいたしました。
軒樋の継ぎ目から雨垂れする箇所が多く、補修は難しいので軒樋は交換することにしました。
軒樋が付いている鼻隠しの仕上げが、窯業系の材なので、ガルバ鋼板で包み込み、軒樋を付けました。
これで将来に向かって工事した側も安心できます。
予算の縮小も大事なので、竪樋は既存利用で塗装にしました。

YS様邸改修工事 後編 2016

前編の続きです。

YS様邸改修工事 前編 2016

長野市で生まれ、仕事の関係で転勤をする中で千葉に家を購入し生活をしていた方が、定年退職をしてから長野市に戻りたいと考え中古住宅を購入され、リフォームをしたいという事で甥で設計士をしている方にご相談をして、
その方から私に紹介があり、いろいろお話を聞く機会を作ってくれました。
家は築40年の物件で改修すれば切りが無いので、1階を中心に暖かい家になるように改修することになりました。
予算は1,000万円以下でとのお考えでしたが、いろいろ要望もあり1,600万円程になってしまい、プランと見積もりを何回も出し直して、1,300万円程で落ち着きました。
3月の25日から工事を始め、6月の23日で完了し、26日に引っ越してこられました。

KS様外部改修工事 2016

屋根材のコロニアルが割れて、ずれ始めていることに気が付き、
『早く直してもらいたい!』と連絡を頂き、コロニアル材の上に重ね葺きすることをお勧めしました。
太陽光発電パネルが乗っているので、屋根に直接ビス留めしている遣り方から、
シャープの製品だったので、屋根に直接ビス留めしない工法に変えるられることを説明して、屋根はガルバ鋼板の一文字葺きで、太陽光パネルはキャッチ工法で取付施工しました。

3階建て共同住宅屋上防水改修工事 2016

1階が店舗、2階が賃貸住宅、3階がオーナー様住宅の共同住宅です。
私が21歳の頃、いろいろ教わりながら担当した建物です。
初めての経験で苦労したことを鮮明に覚えていますね~・・・><
屋上はゴム系のシート防水ですが、ゴム材の劣化が見られず凄いと感じています。
表面の保護塗装は、17年ほど前に一回塗り替えているので、今回で2回目となります。

MS様邸屋根改修工事 2016

コロニアル屋根材が割れて落ちてきてしまい、『点検して欲しい』と依頼があり
現場に行くと5か所ほど割れていました。
直ぐ雨漏りにはならないですが、心配なので修理をしたいと言うお話になり、
何例もあるように、重ね葺きをご提案しました。

DPマンション改修工事 2016

昔のアパートやマンションは、浴室とトイレが一体のタイプが多かったのですが、
今は別でないと借りる人が非常に少なく、家賃を上げて改修することをオーナー様
が決めました。
トイレスペースの分を極力小さくして、部屋に飛び出る部分を小さくしました。
工事中に、賃貸物件情報に出していたら、完成する前に希望者が出て直ぐ決まってしまいました!
ネットの凄さと、気にして見ている人が多いことに驚きました!!

YY様邸屋根改修工事

『屋根の破片がベランダに落ちてきたんですが心配なので見てもらいたい!』
というお電話をいただき下見に行きました
やはり屋根材にヒビがいっぱい入ってしまい、塗装では到底無理な状態でした。
将来への安心感と塗り替えの回数が少なくて、メンテ費用も掛からないガルバリウム鋼板で葺き替えることをお勧めしました。

FG様邸屋根外壁改修工事

毎年何かの工事のご依頼をいただくお客様が 『屋根と外壁の塗装をそろそろしたい。』
というお話をいただき、下見に行ったところ、屋根は素材自体がもろくなっていて、塗り替えが効かない状態でした。
外壁はまだまだ大丈夫でしたが、足場を掛けるのなら一緒にやりたいという事で進めました。
屋根は既存屋根材を撤去してガルバリウム鋼板で葺くことにしました
25年くらいは色がさめても、素材自体は大丈夫なので駄目になってしまったスレート系の屋根材よりは安心です
12年で屋根材がここまで痛むとはとても気の毒です。

改修工事SN様邸

『お孫さんが成長し息子さん夫婦と同居することになったので、不具合の部分を直したいので相談にのってもらいたい!』
という御依頼を頂き、修理したい部分が書きだしてあり説明を聞き、いろんな業者と下見をして図面と見積もりを作り
説明に伺いました。
その際、『キッチンとリビングの仕切りを何か考えて欲しい!』という御要望があり
お孫さんのお名前をデザインしたアクセントの石をはめ込んだパネルを後日御提案しました。
最初は『そこまでしなくても・・・』という感じでしたが、「皆さんが分かっているだけで見た人が疑問に思えば聞くでしょうから、
その時説明してあげれば良いのではないでしょうか。」とお話したら、納得して頂き、とても気に入って頂きました。

外構工事SI様邸

『庭の草取りがしないで済むようにしたいので相談にのってもらいたい!』
という御依頼があり予算も含めてお話を聞き御提案致しました。

地震被害修繕工事TU様邸

私が建設業界に就職して初めて工事に携わったお客様の家です。
2014年11月22日の地震で瓦屋根のぐしが崩れたり、
外壁に一部ひびが入り剥がれ落ちそうになってしまい、
翌朝『早く見てほしい!』というお電話を頂き見に行きました。
見ると2階の4方のぐしと本棟が崩れ、落ちた瓦で1階の平部分が割れていました。
直ぐ瓦やさんに電話をしたら『昨夜に電話をもらった家にとりあえずシートを掛に廻っています。』
とのことで「この家もお願します。」とお願いしたら『夕方くらいには行けると思います』
というお返事でその日に養生はできました。その後被害の実態が分かりつつ雪の日も多く
修理が進まないで待って頂きましたがようやく修理完了となりました。

LDK改修工事SS様邸

息子さん夫婦と同居することになり居間からキッチンの改修をしたいと言うお話を頂き御提案しました。
2年程前に内装を貼り替えたと言うことで全体を直すのはためらいがありましたが県のリフォーム補助金のことをお話したり、「この機会に床壁天井の全てを直して、省エネの暖かい部屋にしたほうが良いですよ!」とお話して納得した頂きました。

カーポート工事TO様邸

ホームセンターの広告を見て『このくらいの金額でできるならお願したい・・・』というご相談があり、
ホームセンター仕様は商品が入らないので、正規の規格品を使いほぼ同じ金額で施工しました。
協力業者の皆さんに御協力頂きましたが、お客様が一番得をしたお買い物になったと思います。

Mビルアパート改修工事

23年間お一人の方が使い続けてきた部屋を改修することになりました。
結構老朽化していて次に入る女性の方が『本当に綺麗になるんですか?』
と心配する程でした。
工事が終わって入居前に見に来て『こんなに綺麗にしてもらえるとは思いませんでした!』実感を語って頂きました。

お庭と塀の改修Y様邸

『土部分を少なくして庭を使いたい』というお話を頂き、いろいろお話を進めた結果、土部分を南にまとめ、塀は透明感があるものをお勧めし、犬走りの延長はインターロッキングのランダムな色使いでまとめました。

増改築工事 T様邸

以前新築で建てたお客様の増築のお話をいただき設計から始めました。
将来を考えて自由になる予備の部屋が欲しい!2階に広いベランダが欲しい!駐車場に屋根が欲しい!というご希望でした。

断熱改修工事 Z様邸

お客様のご都合により断熱改修部分のみ掲載いたします。

床下に水で発砲する吹付け断熱材を施工して床下からの通気を止めます。床を貼り替える部分は上から施工し、貼り替えない部分は床下に入り施工します。(床下が狭い場合は施工不可もあります。)

増築工事 K様邸

「正面の壁を壊して中をリビングから見ることができる、趣味のバイク置場にしたい!そのために現在和室になっている部屋が無くなるので南に増築したい!」というお話を頂き設計から始めました。

改築工事 U様邸

「窓や玄関の結露が酷く凍りついてしまうのを改善したい!キッチンはIHにしたいけれど本体をそのまま使うか入れ替えるか迷うところ?
洗面台も交換したい!お風呂に暖房機を付けたい!」
そんなご相談を頂き奥様といろいろ検討を重ねていきました。

屋根改修工事 M様邸

屋根の塗り替えをのご相談をいただき、塗装をすることにして屋根を洗浄したら、屋根材の周辺がポロポロと取れてしまい、事情を説明しカバ-工法で葺き替えに変更しました。

外部改修工事 H様邸

アスベストが全廃になってからの材料で屋根材の劣化が酷く、太陽光パネルを一旦外しました。屋根を直してからパネルの乗せ替えと、外壁の塗装の依頼がありいろいろ考えて始めました。

店舗

店舗は業種によってとても多種多様です。縁があって御依頼いただける方は、やはり以前からお付き合いのある方が多いです。建物のプランニングには照明設備や什器家具、ロゴや看板デザイン、室内のオブジェやメニュー表、お店の紹介など、いろんな専門業者さんと協力して創り上げていきます。以前は美容院やブティックが多かったのですが、近年は床屋さんとお菓子屋さん(ケーキやさん)が多いです。もちろん事務所店舗も承っております。

NSHビル外部改修工事 2018

老人ホームの工事でお世話になったお客様で、事務所ビルの外部の改修工事の御依頼を頂きました。
几帳面な社長様で、外壁の色は新築当時の色でなくては、設計士さんとの約束が違ってしまうので駄目だという事で、
日の当たらない場所を探して、試し塗をして調整して決めました。
屋根は22年目で下地の色が前面に出ているので調度塗頃です。
サッシの動きが重いので戸車の交換をお勧めしました。とても軽くなり驚かれていました。

外部塗装工事 協和補償コンサルタント株式会社様

26年前に新築した事務所ですが、1度も手入れをしたことが無いということで、屋根も外壁も手入れ時でした。

改修工事 協和補償コンサルタント株式会社様

店舗改修工事 シュシュ様

息子さんが実家に帰り、床屋さんと美容院の両方を行っていくために、「お店の外観が住宅のようなので店舗らしくしたい!」という御依頼を受け、設計を始めました。変更の繰り返しを経て、家具の形や色決め、照明や音響、看板の打合せを繰り返し、お会いしてから完成まで調度1年が掛かりました。
工事期間中は仮店舗で営業というお話もありましたが、13日間での工事完成を目指しましたので、お休みをして頂きました。